天神祭の花火大会の穴場スポットを地元民が教えます。地図と写真あり

天神祭の花火大会 天神祭
スポンサーリンク

毎年7月25日に行われる天神祭の奉納花火大会は、毎年100万人以上の人が訪れる人気のイベントなのですが、それだけに混雑必至です。

場所によっては人混みに巻き込まれて身動きが取れなくなってしまうので、比較的すいていて花火が見える場所を教えます!

スポンサーリンク

天神祭の奉納花火の打ち上げ場所と時間

天神祭の奉納花火の打ち上げ場所

天神祭の花火大会の打ち上げ場所は2か所です。

大阪市北区 川崎公園
大阪市都島区 桜之宮公園

天神祭の奉納花火の日程

2018年7月25日(水)19:30~20:50(雨天中止)

花火は約5000発。
約100隻の大船団のかがり火と花火の光景はとても幻想的です。

スポンサーリンク

天神祭の花火大会 穴場スポットは

天神祭の奉納花火には毎年130万人が訪れる人気イベントです。
場所によっては身動きが取れないほどの混雑に巻き込まれてしまいます。

なかなか花火がよく見えてしかもすいているという場所は少ないのですが、地元民がよくいく天神祭の奉納花火大会の観賞スポットをご紹介します。
打ち上げ花火だけで仕掛け花火は見えませんが、ぎゅうぎゅう詰めの混雑からは解放されて花火を見ることができます。

なるべく駅から近く、交通があまり不便でないところをピックアップしてみました。
奉納花火が始まってから行っても、「場所がない!」「入れない!」ということはまずありません。

特に小さいお子さん連れでベビーカーなど、人混みが危険な場合にもおすすめです。

都島中央公園とパントリー横の広場

大阪市立医療センター横の都島中央公園と、パントリーというスーパーの横の広場です。

地元の人がよく天神祭の花火大会を見に行っている場所です。

JR桜ノ宮駅からも近く、大川沿いの屋台エリアもすぐそこです。

毎年パントリーでは、店舗の外で焼き鳥などのテイクアウトの食べ物を売っています。
もちろん、店舗の中に入れば、食べ物や飲み物を買うことができますし、トイレを利用することもできます。

パントリー横の広場では、毎年少しですが屋台が出ているので、そちらを利用することもできます。

広場の南側の奥に上にのぼる階段があるので、そこを上ると少し高いところから花火を見ることもできます。

都島中央公園からも花火を見ることができます。

JR桜ノ宮駅を利用される場合は、混雑する西出口を避け、東出口から北方面に行くと、都島中央公園につきます。

JR桜ノ宮駅の混雑を避けるなら、地下鉄都島駅からがおすすめです。
2番出口を出て、市立総合医療センター方面に行くと近いです。

都島橋

都島橋は天神祭の花火大会中も交通規制がされていないので、一般の人も通ります。
そのためずっと立ち止まって花火鑑賞は難しいかもしれませんが、身動きが取れないほど混雑することはありません。

都島橋の西側にサイゼリヤがあり、駐車場のスペースから花火を見ている人も多いです。

天神祭の花火大会 都島橋

サイゼリアからだとちょっと花火が高速道路にかかってしまいますが、橋の真ん中あたりからだと高速道路にかからずに花火が見えます。

都島橋の東側から大川沿いに下りればすぐに屋台エリアなので、屋台を楽しみたい方にもおすすめです。

こちらの都島橋も、JR桜ノ宮駅の混雑を避けるなら、地下鉄都島駅か、天神橋筋六丁目駅がおすすめです。

都島駅からなら2番出口を出て西へ、天神橋筋六丁目駅からなら1番出口を出て東へ歩きます。

飛翔橋

駅からはちょっと離れてしまいますが、花火が見える北側ぎりぎりのところです。

ここまで来ると桜ノ宮駅周辺に比べてかなり人が少なくなります。
船渡御もこのあたりまではやってくるので、花火と船渡御の両方を楽しめます。

大川沿いにそって屋台が出ているので、屋台を楽しみながらここまで歩いてくるのもいいかも。

こちらも地下鉄都島駅からのアクセスがおすすめです。

藤田邸跡公園周辺

藤田邸跡公園の周辺は、天神祭の花火大会の会場の南側で、北側に比べると混雑がましです。

花火大会会場からも近く、船渡御のかかり火もよく見え、屋台も楽しめます。

最寄り駅はJR東西線の大阪城北詰駅。3番出口からが近いです。

天神祭の奉納花火は梅田から見える?

天神祭の奉納花火を現地まで行けないので梅田の高層ビルから見たいんだけど・・・という方に。

梅田から見える場所としては

  • 梅田スカイビル 空中庭園
  • 梅田阪急ビル 15階スカイロビー
  • 大阪駅前第3ビル 展望フロア
  • HEP FIVE 観覧車

などがありますが、どれも花火は見えるけど小さいです。

天神祭の現地まで行く余裕がない、花火は小さくてもいいから混雑を避けたい場合におすすめです。
特に、ビルの中からだと、冷房が効いていて涼しくていいですよね~

スポンサーリンク

天神祭の花火大会 混んでいてもいいから近くで見たい!

ここで紹介する場所は、天神祭の花火大会の打ち上げ場所に近く、絶景まちがいなし、花火がよく見えますが、その分混雑がものすごいです。

ぎゅうぎゅう詰めで身動きが取れなくなるかもしれませんが、天神祭奉納花火大会近くの観賞スポットをお知らせします。

これらの場所から天神祭の花火を鑑賞する場合には、早めの到着と場所取りをおすすめします。
出来れば16:00頃、おそくとも17:00ごろには現地入りしたほうがいいです。

桜之宮公園

奉納花火の打ち上げ場所に近く、大迫力で花火を見ることができるのが桜之宮公園です。
南側の大阪ふれあいの水辺は有料席になっています。

天神祭奉納花火の有料席はこちら

最寄り駅はJR環状線桜ノ宮駅です。

桜ノ宮駅は、花火大会の開始時間が近づくにつれ、大変な人混みになり、前に進むのも難しくなります。
おそくとも17:00までには到着したいところです。

花火大会が終わった後も、改札までたどり着くのが大変なほど混雑しますので、人混みが少なくなるまで屋台などを回りながら待つか、少し離れた駅(地下鉄都島駅、JR天満駅、大阪城北詰駅)などを利用されるといいです。

天神祭奉納花火 桜ノ宮駅周辺

桜ノ宮駅西側改札近くの道。人ごみで前に進めません・・・

源八橋

桜之宮公園やJR桜ノ宮駅からすぐ近くの源八橋です。

源八橋は18:00ごろから23:00頃まで交通規制が実施され、歩行者のみ通行可能となります。

人が多くなってくると通行止めになるので、早めに到着しておくことをおすすめします。

こちらも最寄り駅はJR桜ノ宮駅です。

天神祭奉納花火 源八橋

源八橋の東側。桜ノ宮駅に近いほうです。ロープが張られて行き来できなくなっています。

OAP 大阪アメニティパーク

OAP大阪アメニティパーク周辺では、OAPタワー周辺、レジデンスタワー東側の半円形広場、源八橋の西側の公園があります。

どこも花火が始まるころには移動が困難になるほど混雑します。

出来れば16:00までには行ったほうがいいです。

OAPタワー周辺や半円形広場は階段になっているので、座って花火を鑑賞することができるので、毎年大人気の場所です。

源八橋の西側の公園は屋台も出ています。

桜ノ宮橋

桜ノ宮橋は、天神祭奉納花火の打ち上げ場所の桜ノ宮公園と川崎公園の間になるので、両方の花火を見ることができます。

桜ノ宮橋も、18:00ごろから23:00ごろまで車両通行止めになります。
交通規制が実施される18:00ごろから人があふれてくるので、それまでに着くように行ったほうがいいです。

最寄り駅は、JR環状線・JR東西線・京阪・地下鉄長堀鶴見緑地線の京橋駅。JR東西線の大阪城北詰駅です。

JR東西線の大阪天満宮駅からも、道なりにまっすぐ行くと着きます。

これらの駅は桜ノ宮駅ほど混み合わず、比較的すいているのでおすすめの駅です。

天神祭の花火大会の周辺情報はこちらから【楽天たびノート】

スポンサーリンク

天神祭の花火大会の穴場スポットのまとめ

いかがでしたでしょうか。

天神祭の花火大会を見るための、地元の人が良く行く穴場スポットから、混雑必至の激戦区までをご紹介しました。
毎年暑くなるので、熱中症に気を付けてお出かけください。

参考にしていただけるとうれしいです。

最後までお読みいだきありがとうございました。

こちらの記事も読まれています
こちらの記事も読まれています
天神祭
みいをフォローする
natural kirei

コメント