ぱっくり割れた指を早く治す方法はコレ!私が試してよかったもの

ぱっくり割れた指 健康・美容
スポンサーリンク

主婦や水仕事が多い方に多い、手が荒れて指の関節のところなどがひび割れてしまう「ぱっくり割れ」。ひびやあかぎれとも言われますが、痛いし辛いしできるだけ早く治したいですよね。私も洗い物で手がカサカサになって荒れたり乾燥したりしやすいのですが、ぱっくり割れを治すいい方法がありますよ。

スポンサーリンク

ぱっくり割れを早く治す方法

ぱっくり割れが手の指にできる原因

ぱっくり割れの原因はずばり「潤い不足」です。特に寒くなってくると血行が悪くなったり皮脂の分泌が減ったりで手の潤いが不足しがちになります。さらに、寒い冬に冷水で洗い物をするのは辛すぎるのでお湯を使いたくなりますよね?でも、そのお湯が手の潤いを奪ってしまうのです。

ぱっくり割れを早く治す方法

指のぱっくり割れは潤い不足が原因となり皮膚が乾燥してかさかさになり固くなってぱっくり割れてしまうのです。そこでぱっくり割れた指を早く治すには、潤いを補給して乾燥を防げばいいのです。

ぱっくり割れたところに塗るものとしては、ハンドクリーム、ワセリン、軟膏などいろいろとありますが、私の一番のおすすめは「馬油」(ばあゆと読みます)です。

最近ではドラックストアなどでも見かけるようになってきました。昔はあまりおいてなかったのですが、最近ではお店の人に「馬油ありますか~?」と聞くと売り場まで案内してくれます。近くに売ってない場合は通販も便利です。参考までに馬油ってどんなの?という方に、見た目と価格です。

馬油を指のぱっくり割れたところにたっぷり縫ってガーゼやばんそうこうなどでふたをします。このとき、ラップでふたをしても大丈夫です。絆創膏やガーゼが濡れてしまったときは交換してください。いつも馬油が傷口に触れている状態にしておくのがポイントです。ぱっくり割れの程度にもよりますが、数日で効果が出てくると思います。

馬油は肌荒れだけでなく傷ややけど虫刺されなどこれ一つで色々な皮膚トラブルに対応できます。100%天然素材で無添加なので、敏感肌やアトピーの方にもおすすめです。

実際、息子が小さいときにアトピーで搔きむしって血だらけになった腕に馬油をたっぷり塗ってガーゼでふたをして包帯をしておいたら、数日で古い皮膚がポロポロと取れてきて、きれいに治りました!私も季節の変わり目で肌が敏感になっているときなど馬油のお世話になったいます。

馬油は天然のものなので、気温が高くなると溶けるし寒くなると固まります(バターみたいですね)。暑いときはドロドロになってしまうので冷蔵庫での保管をおすすめします。

ハンドクリームなどを使うときは、なるべく添加物が入っていないものを使うと安心です。

スポンサーリンク

ぱっくり割れの予防方法

ぱっくり割れを予防するにはとにかく「保湿」です。乾燥する前にハンドクリームなどを塗っていつも潤っている状態を保てるようにしましょう。もちろん、馬油をハンドクリーム代わりに使ってもOKです。浸透がよくて塗るとすぐにさらっとするので、べとつかず手にも使いやすいですよ。

洗い物をするときは、お湯の温度が高いと皮膚の油分を奪ってしまうので、ぬるま湯で洗うとぱっくり割れの防止にもなります。また、洗い物をした後に手が濡れたままになっていると水が蒸発するときに一緒に潤いも奪っていってしまいます。洗い物をした後は必ず手をしっかりと拭いておきましょう。

洗剤も洗浄力の強い石油系の合成洗剤は油汚れがよく落ちるのですが、手の油分もごっそり一緒に持って行ってしまうので手がカサカサになって手荒れの原因になってしまいます。そこで、石鹸成分を使った洗剤のほうが手の油分を取りすぎないので、手に優しく乾燥しにくいです。

このような合成界面活性剤を使っていない無添加の石鹸がおすすめです。こちらも、ドラックストアにも台所用のせっけんが何種類か置いてあるところが増えてきました。近くに売っているお店を探しておくと無くなったときにすぐに買いに行けますよね。

スポンサーリンク

まとめ

主婦の方や水仕事の多い方の辛い手指のぱっくり割れ。手の潤いを保って早く治したいですよね。そして手は年齢が出やすいところでもあります。手をしっかりと保湿して若々しく保つとぱっくり割れも防げて一石二鳥ですよ。

コメント