大阪天満宮の初詣 混雑する時間帯と屋台や行き方など

大阪天満宮の初詣 関西のお出かけ
スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。

大阪天満宮に初詣に行ってきました。
今までにも何度か行ったことがあるのですが、時間帯によってかなり混雑状況が違ってきます。
そこで、実際に行ってみた時間帯によっての混雑状況と屋台の様子、最寄駅からの行き方や迂回路などをまとめました。

スポンサーリンク

大阪天満宮の初詣の混雑する時間帯は

大阪天満宮の初詣ですが、一番混雑するのは年越しの1月1日0時~3時頃です。
私は今年はいけなかったのですが、例年0時から2時までは白酒がふるまわれることもあり、たくさんの人で入場制限がかかります。
お賽銭箱までたどり着くのに1時間ぐらいは並ぶ覚悟が必要になってきます。

私が行ったのは1月1日の午前9時過ぎ。
入場制限もなくすんなりと中に入ることが出来ました。
手水のところで2~3人待ちとなりましたが、お賽銭も混み合うこともなくスムーズに初詣をすることが出来ました。

大阪天満宮の初詣

一緒に行った息子がおみくじをひいたり屋台を見たりしているのを待っていると10時近くになり、徐々に人が増えてきましたがまだまだ入場制限がかかるほどではなく、帰り道の天神橋筋商店街もすいていました。

次に行ってみたのが1月3日の午後2時ごろ。
もう3日だし、人混みも落ち着いているだろうと思ったのが甘かったです。

天神橋筋商店街がすごい人に!

大阪天満宮の初詣 天神橋筋商店街

商店街を迂回して大阪天満宮まで行くと、入場制限がかかってました。

大阪天満宮の初詣 混雑状況

写真が暗くてわかりにくいのですが、中央の屋根が見えているのが大阪天満宮の正門です。

係の方によると、ここから入場までに約20分、さらにそこからお賽銭箱までもそれなりに時間がかかるそうなので、よくて30分~40分といったところでしょうか。
一昨日の午前中の様子とは大違いです。
午後から参拝される方が多いのでしょう。
3日でもまだまだ人は多かったです。

混雑や入場制限に巻き込まれずに参拝するには午前中9時ごろまで、遅くても10時ごろまでに大阪天満宮に着くように行くとよさそうです。

4日は午後から仕事始めの人たちがスーツ姿で集団で参拝に来ている姿が目立ちました。
3が日ほど混むことはありません。

スポンサーリンク

大阪天満宮の初詣の屋台はいつまで?

毎年沢山に人でにぎわう大阪天満宮の初詣ですが、初詣の時期には屋台もたくさん出店されています。
大阪天満宮の境内はもちろん、天満宮のすぐ近くにある天神橋筋商店街にもたくさん屋台が出店されています。

大晦日から1月1日は深夜でもたくさんの屋台が出ていますし、天神橋筋商店街のお店も開いているお店がたくさんあります。
食べるところで困ることはありません。

1月1日の9時半ごろの大阪天満宮の中の屋台の様子です。
こちらは閉まっている屋台もありましたが、だいたいの屋台が営業していました。

大阪天満宮の初詣の屋台

1月1日午前10時ごろの天神橋筋商店街の様子です。
半数ぐらいの屋台がやっている感じでした。
商店街のほうは、もう少し遅い時間帯のほうが屋台が充実しているようです。

大阪天満宮の初詣 屋台

3日の大阪天満宮周辺の屋台の様子です。

大阪天満宮の初詣の屋台

まだまだすごい人です。屋台も沢山出ていました。

屋台はいつまで出ているかということですが、商店街の方は3日まで、
天満宮の境内の屋台は4日の夕方まではまだたくさん出ていました。
神社の境内の屋台も、4日の夕方5時ぐらいになると露店の撤去をはじめているところも結構あったので、屋台を楽しみたいのなら4日までに初詣に行ったほうがよさそうです。

スポンサーリンク

大阪天満宮の初詣の行き方と迂回路

大阪天満宮は最寄り駅が地下鉄谷町線の南森町駅、JR東西線の大阪天満宮駅です。
駅から大阪天満宮に初詣に行くには、たいていの人が天神橋筋商店街を通って行きます。
下の地図の青い線です。
まったく動かなくて進めなくなるということはあまりないのですが、人が多いとゆ~っくりとしか進めなくなります。

天神橋筋商店街は日本一長い商店街で、全長2.6キロメートル、お店や屋台を見ながらゆっくりゆっくり歩いてもいいのですが、なるべく人混みを避けたい、もっと早く歩きたい、といったときには、商店街の外の道を通ると比較的すいています。
下の地図の赤い線のルートです。
遠回りになりますが、大阪天満宮の東側、地図で言うと右側の道のほうがよりすいています。
よかったら参考にしてみてください。

大阪天満宮の初詣の行き方

スポンサーリンク

大阪天満宮のおみくじは凶率高い?

大阪天満宮のおみくじは、箱の中から数字の書いてある玉を引きます。
そこに書いてある番号のおみくじを渡してもらえます。
1回200円で、境内に3か所ほどのおみくじを引ける場所があります。

さて、息子が引いたおみくじですが、凶でした。
隣で引いてたご家族で来ていた幼稚園ぐらいの男の子、凶だと言っているのが聞こえてきました。
私も、今回は引くのをやめておきましたが、以前引いたとき凶でした。
境内を歩いていると、「ここのおみくじ凶率高いからやめとくわ~」と言っているおばちゃんもいました。

はっきりと統計を取ったわけではないのでわかりませんが、確かに他の神社に比べて凶率が高い気がします。
ですが、息子のおみくじをちょっと見せてもらったのですが、全体的に
「神様を信じて誠実に生きましょう」というようなことが書いてあって、落ち込むような悪いことは書いてはなかったです。
といっても、やはり凶は嫌ですよね~。

スポンサーリンク

大阪天満宮の初詣のまとめ

いかがでしたでしょうか。

大阪天満宮の初詣ですが、時間帯によってかなり混雑状況が違ってきます。
混雑する時間帯には寒い中、長時間並ぶことになるので暖かくしてお出かけください。
また、お正月の3が日は屋台も沢山出ていますし、大晦日から1月1日の年越しの時は深夜でも天神橋筋商店街の中のお店も開いているお店が多いので、食べる場所には困らないと思います。

コメント