おみくじは結ぶ、結ばない、それとも持って帰る?意味や理由は?

スポンサーリンク

こんにちは。

初詣など、神社にお参りにいくとおみくじを引きませんか?
私はいつも引いてしまうのですが、その時気になるのが、引いたおみくじの取り扱い方です。
引いてすぐに境内の木の枝などに結んでいる方も多いと思うのですが、それって正しいのでしょうか?

スポンサーリンク

おみくじは結ぶ?結ばない?持って帰る?

神社の場合

神社によって考え方に違いはありますが、一般的には、おみくじは結ばずに家に持って帰るのがいいそうです。

おみくじというのは、神様のお言葉が書いてあるものです。
そこで、神社で結ばずに、家に持って帰って何度も見直すと良いのだそう。
特に初詣に引いたおみくじは、家に持って帰って1年間何度も見返すと良いそうですよ。
お財布などに入れておくといつでも読み返すことが出来ますね。

ですから、おみくじを引いたら即結んでしまわずに、家に持って帰って、ことあるごとに読み返して開運につなげましょう。

お寺の場合

お寺の場合も、お寺によって考え方に違いがありますが、基本的には神社と同じで持って帰っていいそうです。
ですが、お寺の場合は、神社に比べてお寺ごとの考え方に違いがありますので、お寺で聞かれるのがいいです。

スポンサーリンク

おみくじを結ぶ理由は?

おみくじを家に持って帰った方がいいのはわかったけれども、では、なぜ神社にはおみくじを結ぶ場所があるのでしょうか。

その理由なのですが、神社のおみくじを結ぶ場所は古いおみくじを結ぶためにあるものなのです。

おみくじは神様からのお言葉が書いてあるものです。
その辺のごみ箱に捨ててしまっては失礼になってしまいます。
そこで、新しいおみくじを引いたときに、古いおみくじを結ぶために、神社にはおみくじを結ぶ場所が設置されているのですね。

お寺も同じで、ごみ箱に捨てたりせずに、新しいおみくじを引いたり、お願い事が叶ったりしたときなどに、お寺に結ぶといいですよ。

スポンサーリンク

おみくじの取り扱いのまとめ

いかがでしたでしょうか。

おみくじは初詣の楽しみの1つですが、正しい取り扱い方は以外と知らなかったりしますよね。
おみくじを引いたら大事に持って帰ってよく読み直してみましょう。
困った時に参考になることが書いてあるかも知れませんよ。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント