入学式のママスーツ 40代におすすめの色や着こなしは?

入学式のスーツ母親40代の着こなし 入学・卒業
スポンサーリンク

卒業式と違い、入学式は初めての場所、特にお受験などで入った学校には周りに知り合いも先輩ママもいなくて、何を着て行っていいか相談することもできない場合も多いと思います。

そんな時に周りから浮かない、40代の母親におすすめのスーツの着こなしを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

入学式のママスーツ 40代の色やコーディネートは?

入学式のスーツ 母親におすすめの色は?

入学式には春らしい明るい色、具体的には、

  • ベージュ
  • 淡いパステルカラー

を着られてくる方が多いです。

ですが、中学、高校と母親の年齢層が上がってくると紺色やグレーなど落ち着いた色合いのスーツの方の割合も増えてきます。

紺やグレーも40代にこそ上品に着こなせますし、ツイードや光沢のある素材を選んだり、コサージュを明るい色にすると華やかに着こなせます。

黒のスーツを選ぶ場合は、全身真っ黒になってしまわないように気を付けましょう。
服から小物まですべて黒にしてしまうとお葬式感が出てしまいます。

インナーのブラウスを白など明るい色にしたり、コサージュ、バッグ、靴などの小物類を白やベージュなどの明るい色のものにするとお葬式感がなくなります。

また、服の素材をシフォンやレースなど軽やかなものにしたり、ラメの入ったツイードなどを選ぶと黒でも華やかさが出ます。

スーツの色は原色などの派手な色でなければ目立つことはありません。
白、ベージュなどの淡い色や、紺、グレーなどの落ち着いた色ならまず間違いないです。

入学式のスーツ 40代の着こなしは

20代や30代のときとは違って、40代は大人の余裕は落ち着きを感じさせる着こなしをしたいものです。
20代や30代前半は勢いでなんでも着れちゃう年齢ですが、アラフォー以上になるとそうもいきません。

特に気を付けたいのは古臭くなったり変に若作りになってしまわないことです。

40代にもなると、家に眠っているスーツも沢山あるかもしれません。
ですが、そんな昔のスーツを着たい場合、家で試着をしているときにはそんなに違和感がなくても、実際に入学式に行くと浮いてしまうことがあります。
スーツといえども流行の形はあります。
古臭くなっていないか、また若作りになっていないか注意してみて下さい。

また、40代で特に注意したいのがスカートの丈です。
たまにひざ上のとっても短いミニスカートを履いてこられている方もいらっしゃいますが、膝が全部出てしまうほど短いスカート丈は周りから浮いてしまいます。
膝のちょっと上かが半分隠れるくらいがちょうどいいと思います。

スポンサーリンク

入学式のスーツ 体型をカバーするには?

アラフォー世代になると、だれでも気になるのが体型の変化だと思います。
私の周りでも、40代になると特に太ったわけでもないのにお腹回りや腰回りにお肉がついて今まで着ていたスカートなどがきつくなったという人が多いです。

そんな時にちょっときつめのスカートを無理やり履いてしまうとさらに下腹部やウエストのぽっこり感を強調してしまいます。

そこで、体型カバーにおすすめなのがタックの入ったフレアースカートです。タイトスカートよりもふんわりと広がって気になるお腹回りやウエスト周りをカバーしてくれます。

このような切り替えワンピースも一枚で着れてウエスト周りがもたつかないのでおすすめです。

スポンサーリンク

入学式のスーツに合わせる母親のアクセサリーは

フォーマルなシーンでは、昼はパールや金・銀などの光を抑えたもの、夜はダイヤなどの光るものが基本です。

しかし、入学式ではそこまで厳格でなくても大丈夫です。
スーツに合わせて派手になりすぎないようにしましょう。

本物でなくてもイミテーションでも全く問題ありませんよ。

このようなパールのロングネックレスは、服装に合わせてロングのまま使ったり、2重にして使ったりと色々とアレンジがききます。
パールの重ね付けは「お祝い事が重なる」として縁起が良いと言われています。

スポンサーリンク

入学式のママスーツに合わせる靴とバッグの色は?

スーツに合わせる靴とバッグはスーツと同系色にすると統一感が出ます。
反対にまったく違った色を合わせると、差し色としても使えます。

色は白、ベージュ、紺、黒

など派手にならない色がおすすめです。

スポンサーリンク

入学式のママスーツ 40代の着こなしのまとめ

いかがでしたでしょうか。

入学式の時に周りから浮かない着こなしの参考にしていただけたら嬉しいです。

コメント