風邪を引いた時にネギを首に巻くと効果がある?

風邪の時のネギ 健康・美容
スポンサーリンク

こんにちは。

風邪を引いた時にネギを首に巻くといいって聞いたことがありませんか?
昔からある民間療法ですが、本当に効果があるのか、またその根拠はどこから来ているのか探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

風邪の時にネギを首に巻くと効果がある?

昔からの民間療法で「風邪をひいたときにネギを首に巻く」というのがありますが、本当に効果があるのでしょうか。
一般的には生のネギではなくて焼いたりして加熱したネギをタオルに包んで首に巻きます。

料理をするのにネギを刻んだことがある方なら経験したことがあると思うのですが、ネギを刻んているとネギのにおいで鼻がツンとなったり涙が出たりしませんか?玉ねぎを切っているときと同じですね。

これは「アリシン(硫化アリル)」というにおい成分の仕業です。
アリシンは加熱すると無くなってしまいます。
このアリシンには体の血行を良くして体を温めてくれる効果があります。

臭い成分を取り入れるために首に巻くときは加熱せずに生のままタオルなどにくるんで首に巻くようにします。
このとき、ネギに切れ込みをたくさん入れておくとにおい成分が沢山出ます。

このアリシンは、臭いを嗅ぐだけで体を温めてくれる効果があります。
でも、臭いを嗅げばいいだけなので、首に巻かなくても枕元に置いておくだけでもいいですよ。
特に小さいお子さんなどは寝ているときに首に何かを巻いていると、何かの拍子に首が締まってしまい危険なことがあります。
そんな時は首に巻かなくてもにおいが嗅げれば同様の効果が得られます。

次は温湿布効果です。
焼いたネギを首に巻くと、首にある太い血管を温めてくれることになるので身体があたたまります。
でも、これってネギじゃなくてもいいような気がします・・・
使い捨てカイロをタオルに包んで首に巻いても体が温まります。

風邪をひいたときにネギを首にまく方法ですが、まったくの迷信というわけではなく、アリシンというにおい成分が効くという、ちゃんと根拠と効果はありました!

また、ネギには香り成分以外にもたくさんの栄養があるのですが、それは首に巻いても体の中に取り入れることが出来ません。
におい成分のアリシンは白い部分に含まれているのですが、緑の部分にも体にいい、風邪に効果的な栄養素が含まれています。
このミドル部分は食べて体に取り入れましょう。

スポンサーリンク

風邪をひいたときのネギのレシピ

緑色の部分にはビタミンAやビタミンC、カルシウムなどが多く含まれています。
ビタミンAは粘膜の保護に役立ってくれるので、風邪を引いて喉が痛い時にも効果的です。

そして、緑の部分の内側にあるネバネバの成分には免疫力をアップさせる効果があります。
これらのネギの緑の部分の栄養素は加熱しても大丈夫なのでいろんな料理にいれてみて下さい。

ネギをうどんやおかゆに入れる

刻んだねぎをうどんやおかゆ、おじやにたっぷり入れて食べると体がポカポカしてきます。
この時、溶き卵を入れると栄養もアップします。
さらに、生姜があれば、おろした生姜を一緒に入れるとさらに体があたたまります。

ネギと生姜の簡単お味噌汁

おわんやマグカップなどに刻んだネギ、おろした生姜とお味噌大さじ1杯ぐらいを入れます。
だし入のお味噌ならそのままで、だしの入っていないものなら顆粒だしを加えます。
だしがない場合なら鰹節を入れてもだしが出ますよ。
お湯を注いで混ぜれば出来上がり。簡単で体があたたまります。

スポンサーリンク

風邪をひいたときのネギの効果のまとめ

いかがでしたでしょうか。
風邪を引いた時にネギを首に巻くという方法は全く根拠がない訳ではありませんでした。
ネギの白い部分を刻むとアリシンというにおい成分が出て、その匂いを嗅ぐと血行がよくなって体が温まります。

ネギの緑の部分にはビタミン類やネバネバ成分があり、ネバネバの部分は免疫力アップ効果があります。
いつも料理に薬味としてプラスするだけでも風邪予防になります。

ネギを食べてあたたかくしてゆっくり休んで下さいね。
早く良くなりますように。

コメント