入園準備の名前付けのおすすめグッズ3選!

入園準備のお名前付け 入学・卒業
スポンサーリンク

こんにちは。

入園準備で一番大変なのが名前付けです。持ち物すべてに名前を書かないといけないので、いちいち手書きでやっていると時間も労力もかかりすぎて大変なことになります。

そこで、私が使ってみて便利だったお名前付けグッズを紹介したいと思います。お名前付けがすごく楽になりますよ~

スポンサーリンク

入園準備の名前付けでおすすめは?

お名前シール

耐水性のシールタイプのものです。

こちらのものは、キャラクターの種類が豊富でシールの大きさも5パターンから選べます。
うちもお箸やコップなどに貼って、ガンガン食洗器に入れて洗っていましたが、丈夫ではがれませんでした(^^)

まだ自分の名前が読めないお子さんがほとんどだと思いますが、字が読めなくても自分のお気に入りのキャラクターが付いていれば、自分の持ち物だってわかりやすいです。

うちの子は虫が好きだったので、かぶとむしのシールを作ってもらいました。
自分の持ち物に大好きなかぶとむしが付いているのを見ると、とても喜んでいました。

今すぐシールがほしい、たくさんはいらなくて少しだけでいいという場合は、自分で名前を書くタイプのものや

パソコンとプリンターで印刷して作れるものがスーパーなどでも売っています。

私も使ってみましたが、耐久性は注文して作ってもらったシールのほうが断然高かったです。
自分で作ったものは何度か洗浄を繰り返しているとはがれてきたり、字がにじんできてしまうので、あまり頻繁に洗わないものに向いていると思います。

フロッキーネーム

フロッキーネームは主に靴下に使っていました。

ハンカチなどのつるつるとした伸びない生地より、靴下や肌着などの伸縮性のある生地と相性がいいと思います。

靴下の土踏まずのあたりにつけると取れにくいと思います。

薄い色のふろっきーもあるので、黒や紺の靴下にとても便利でした。

はがれにくくするコツは、アイロンを当てる時にしっかりと力をかけて当てることと、完全に冷めてからはがすことです。
ちょっとでも温かさが残っているうちにはがすと失敗します。
完全に冷めるまで待てば、まずはがれることはなかったです。

あと、フロッキーってちょっとお値段が高いですよね。
そこで、私は靴下に貼るときは、姓と名前の間でフロッキーを切って、片方は名字だけ、片方は名前だけにしていました。
こちらのフロッキーは名前の両方にマークがついているので、「マーク+姓」と「名前+マーク」になります。
靴下片方に付きフロッキーネームを一つ使っているとすぐになくなってしまうので、この方法は節約になりますよ。

お名前はんこ

色々なサイズのはんことインクがセットになっています。

色々な大きさのはんこと、平仮名と漢字のはんこがセットになっているので長く使えます。

紙やおむつなどにポンポン押せて便利です。
プラスチックに押すときは滑るので練習が必要かもしれません。
色の濃い布には、薄い色のインクを選んでも、ちょっと見えにくいかも。

おすすめは文房具など紙のもの、平らなものです。
丸いものに押すのはちょっとコツがいります。

スポンサーリンク

入園準備のお名前付けのまとめ

いかがでしたでしょうか。
シール、スタンプ、フロッキーネームを使い分ければ大抵のものに簡単にお名前付けをすることが出来ます。
入園準備は大変ですが、このような便利なグッズをつかってなるべく楽に乗り切って下さいね。

コメント