母の日と父の日をまとめてプレゼントしてもいい?ペアギフトのおすすめは?

母の日と父の日をまとめてペアギフト 母の日 父の日
スポンサーリンク

こんにちは。

母の日と父の日。毎年何を贈ろうか悩んでしまう方も多いと思います。
およそ1か月しか離れていないこともあって、母の日と父の日をまとめてお祝いするのはありなのか、
母の日と父の日をまとめてお祝いするときのおすすめはなにかを紹介しています。

スポンサーリンク

母の日と父の日をまとめてプレゼントを贈ってもいい?

母の日と父の日は1か月ほどしか離れていないので、プレゼントをまとめて贈りたいけれど、それってありなの?と悩まれている方も多いと思います。

実際、母の日と父の日をまとめてペアギフトとして贈る方も増えているようです。

母の日と父の日をまとめてお祝いするときの心配事と言えば、

  • 母の日と父の日をまとめて贈ると手抜きと思われる?
  • 母の日を過ぎて贈る場合は、忘れていたと思われる?


といったことだと思いますが、

  • ペアギフトならではのプレゼントを贈る
  • 事前に今年はまとめてプレゼントを贈ることを連絡しておく

ということで、手抜きや忘れてた?といった誤解を防ぐことできます。

しかし、実際に育児や仕事などに追われていると、気づいたら母の日や父の日が過ぎてしまっていたり、ギリギリすぎて配送が間に合わないといったこと、ありませんか?

私はまだ子供が小さいときに、気づいたらあすが母の日や父の日、もう間に合わない(>_<) といったことがありました。 特に、父の日は油断していると忘れやすいです(^-^; そんなときにも、母の日と父の日をまとめてお祝いすれば、プレゼントの贈り忘れの防止にもなりますね。 母の日に間に合いそうにないときは、あらかじめ連絡を入れておいて、父の日とまとめてプレゼントを贈ることを伝えておけば大丈夫です。 また、母の日と父の日をまとめることでメリットもあるんですよ。

  • 母の日と父の日をまとめて贈ることで予算が増えて、別々に贈るよりも高価なものを贈ることが出来る
  • お母さんとお父さんが二人で一緒に楽しむことが出来るものを贈ることが出来る
  • 母の日と父の日をまとめることでギフトを選ぶ手間が省ける
  • 母の日や父の日を忘れてしまうことの防止になる

 このように、母の日と父の日をまとめることで色々なメリットがあります。

まず、予算面でのメリットはおおきいですね。
母の日と父の日をまとめてプレゼントすれば、予算を約倍にすることができます。
両親が遠方で宅急便で送るときは、配送料の節約にもなりますね。

今まで母の日と父の日に別々に贈り物をしていた方は、今年は去年までとは違って、母の日と父の日をまとめることでこそ贈ることのできるプレゼントを選べば、マンネリ化も防げて、喜んでいただけると思いますよ。

スポンサーリンク

母の日と父の日のペアギフトのおすすめ

ペアの食器

お酒好きのお父さんとお母さんへのプレゼントにおすすめ、錫100%のビアグラスです。
錫は熱伝導がよく、キンキンに冷えたビールを飲むことができます。
また、表面のザラザラのおかげで、とってもクリーミーな泡ができますよ。
そして何より、見かけがとっても高級感がありますよね。

お酒を飲まないお父さんとお母さんには、ペアの湯のみはいかがでしょうか。
こちらの九谷焼のペア湯のみは、金箔を使って焼き付けてあるので、華やかさがありお祝いごとにぴったりですよ。

食事券や旅行券

ジェフグルメカードは、全国約35,000店舗の加盟店で使える全国共通のお食事券です。
500円ずつになっているので、予算の応じて好きな枚数を交換できます。
有効期限がないので、いつでも都合のいいときの使ってもらえます。

JTBの旅行のカタログギフトです。
旅行、日帰り旅行、グルメ、雑貨など合計216ページ405アイテムの大ボリューム!
きっとお気に入りが見つかるはずです。

ペアのパジャマや部屋着

着心地のいいダブルガーゼのパジャマです。
ダブルガーゼはふんわりと柔らかくて通気性もよく、汗をかいても張り付く感じがしないので快適です♪

定番のラルフローレンのポロシャツです。
サイズが豊富なので、メンズからレディースまで対応できます。

スポンサーリンク

母の日と父の日のペアギフトのまとめ

いかがでしたでしょうか。
母の日と父の日をまとめてお祝いすることで、いつもと違うペアで楽しめるものをプレゼントすることができます。
お父さんとお母さんが一緒に楽しんでくれたらうれしいですよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント