確定申告の医療費控除 予防接種や健康診断の費用は対象になるの?

医療費控除 予防接種や健康診断や人間ドックは? 確定申告
スポンサーリンク

こんにちは。

確定申告の医療費控除ですが、控除の対象になるのかどうか迷ってしまうのがインフルエンザなどの予防接種や、健康診断や人間ドックなどの費用です。
そこで、予防接種や健康診断の費用は医療費控除の対象になるのかならないのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

確定申告の医療費控除 予防接種は対象になるの?

今の季節、インフルエンザの予防接種を受けられる方も多いと思います。医療機関での予約も始まっていますね。
インフルエンザの予防接種の料金は医療機関によって異なりますが、大体3000円~4000円くらいのところが多いようです。
4人家族だと1万円以上かかってしまいます。

また、子供の場合、予防接種には定期接種任意接種がありますが、国や自治体が推奨している定期接種は公費で負担してくれるので無料で受けられますが、自分の意志で受ける任意接種は費用が掛かります。

予防接種の費用も結構かかってくるので、出来たら医療費控除を受けたいところですが、残念ながら予防接種の費用は医療費控除の対象にはなりません。

なぜなら、医療費控除は治療が目的のものは対象になりますが、予防が目的のものは対象にならないからです。
ですので、予防接種はその名の通り予防を目的としているので医療費控除の対象にならないのです。

ですが、例外はあります。医師が必要と判断した場合です。

例えば、もともと持病などがあり、インフルエンザにかかると病気が悪化してしまう場合、インフルエンザの予防接種の費用がみとめられることがあります。
また、家族にB型肝炎にかかっている人がいる場合、家族間で感染する可能性が非常に高いので、家族にB型肝炎の予防接種をすることは医師によるB型肝炎患者の治療の一環と認められています。ですので、医療費控除の対象となります。

だんだん寒くなってくるとインフルエンザ予防のために外出時にマスクをされている方も多いと思いますが、こちらも予防目的のため、医療費控除の対象とはなりません。

スポンサーリンク

健康診断や人間ドックは医療費控除の対象になる?

健康診断や人間ドックの受診費用は確定申告の医療費控除の対象になるかどうかですが、こちらは場合によって違ってきます。

健康診断や人間ドックは治療ではないため、基本的には医療費控除の対象になりません。
しかし、健康診断や人間ドックで重大な疾病が見つかった場合で、引き続きその疾病の治療を行う場合は健康診断や人間ドックは治療を行うための診断ということになり医療費控除の対象になります。

メタボリックシンドロームの検査をする特定健康診査も同様の考え方で、基本的には医療費控除の対象となりませんが、高血圧症や脂質異常症、糖尿病などの基準を満たし、引き続き検査をした医師の指導に基づき特定健康指導が行われた場合は、治療のための検査となり、医療費控除の対象となります。

まとめますと、

健康診断や人間ドックは病気が見つかって治療をすることになれば医療費控除の対象となる!

ということです。でも、いくら医療費控除の対象になるといっても、病気は見つからないほうがいいですよね・・・

スポンサーリンク

医療費控除のまとめ

いかがでしたでしょうか。医療費控除は治療のためのものは対象になりますが、予防のためのものは対象にはなりません。
しかし、予防接種の場合、個々の事情で医師が必要と認めたものは対象となる場合があります。
税務署に事情を説明して医療費控除の対象になるかどうか問い合わせると答えてもらえます。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

こちらの記事も読まれています
こちらの記事も読まれています
確定申告
みいをフォローする
natural kirei

コメント