ハロウィンに見たい映画 子供向けのおすすめアニメ5選

ハロウィン映画子供向けアニメ ハロウィン
スポンサーリンク

日本でもハロウィンが定着してきましたね。
仮装したりイベントに出かけたりはしないけれど、家で家族と一緒にハロウィン気分を味わいたいという人も多いのではないでしょうか。
そんなハロウィン気分を盛りあげるのに映画を見るのはいかがでしょうか?

ちょっとだけ怖い雰囲気も味わえて、幼稚園くらいの子供から大人まで安心して楽しめる映画を集めました。

スポンサーリンク

ハロウィンに見たいおすすめ子供向けアニメ映画

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

舞台は「ハロウィンタウン」です。ハロウィン当日、住人たちは大盛り上がりですが、ジャックだけは毎年同じ繰り返しでしかない「ハロウィン」に嫌気がさしていました。

そんな時、ジャックは森の奥で不思議な扉の付いた木を見つけます。その一つを開けると、「クリスマスタウン」の別世界が広がっていました。恐怖と悪夢に満ちたハロウィンタウンと違い、陽気で明るく、真っ白な雪景色の中ぴかぴかのライトや楽しそうな音楽や笑い声、「クリスマス」すっかり魅了されたジャックは、「ハロウィン風クリスマス」を計画します。
ジャックを思うサリーの心配をよそに、「ハロウィン風クリスマス」は、どんどんおかしな方向へと進んでいきます。

キャラクターがみんな不気味なのにかわいらしいのです。ジャックの真面目さと勘違いっぷりがおかしい。「ジャック、それハロウィンと違うよ」と何度も突っ込んでしまいます。ハロウィンシーズンになると、この映画の中で使われている音楽を街の中で聞くことも多いです。使われている歌もすごくいいんですよ。

モンスターズインク

舞台はモンスターの世界。毛むくじゃらのモンスターサリーとその相棒の一つ目モンスターマイク・ワゾウスキは、子どもたちを怖がらせて、その悲鳴を集めるエネルギーに変換させるモンスターズ株式会社で働いています。サリーはこの会社でナンバー1の怖がらせ屋でしたが、ある日、人間禁制の会社に人間の女の子ブーが入り込んで来たところに祝わせてしまいます! サリーとマイクは女の子をなんとか元の人間の世界に戻そうと奮闘しますが・・・

モンスターズインクのインクって株式会社を意味する incorporated の略「inc.」なのですね。モンスターの世界にも会社があって、しかもとっても立派な会社で子供を怖がらせると出世したりして面白いですよね。そんなモンスターと人間の女の子の友情がいっぱい詰まった笑って泣けて見終わった後に優しい気持ちになれる映画です。

モンスター・ホテル

モンスターたちが安心して休暇を過ごすためのモンスターホテル、そのオーナーであるドラキュラは、むすめのメイヴィスの118歳の誕生日を祝うため有名なモンスターたちを招待してホテルでパーティーを開きます。でもそこに普通の人間の旅行者ジョニーが迷い込んできてしまい、メイヴィスにひとめぼれ。過保護なお父さんは彼とメイヴィスが恋に落ちるのを防ごうと、モンスターたちを巻き込んで大騒動になってしまいます。

娘を愛するお父さんの気持ちが切ないです。118歳の娘もかわいくて魅力的!もう118歳になる娘に過保護すぎるでしょ、と思いますがいくつになっても娘のことは心配なんですね。娘さんをもつお父さんが見ると気持ちがよくわかるのではないでしょうか。ジョニーの吹き替えに賛否両論あると思いますが、主役のドラキュラの山寺宏一さん他、声優さんたちが素晴らしいです。家族で楽しめる映画だと思います。

コープスブライド

9世紀ヨーロッパのとある村。結婚を控えた気弱な若者ヴィクターは、真夜中の森の中で式の練習をしているときに誤って死体の花嫁(コープスブライド)に結婚の誓いを立ててしまいます。コープスブライドのエミリーはヴィクターを花婿と信じ込み、死者の世界へと連れ去ってしまいます。
次第にヴィクターはエミリーと心を通わせ、自ら死体となってエミリーの愛を受け入れることを決心するのでした。

最初は死体の花嫁って不気味・・・って思われるかもしれませんが、だんだんとかわいく魅力的に見えてくるから不思議です。エミリーはきゃりーぱみゅぱみゅさんのコスプレでも有名ですよね。死者の世界がカラフルで生き生きとしていて現実世界よりも楽しそう。こんな世界だったら死んでからが楽しみになってしまいそうです。

コララインとボタンの魔女

11歳の少女コララインは、引越ししたばかりの家で、毎日退屈な日々を送っていました。両親は仕事が忙しくってちっとも構ってくれません。ある日、封印された小さなドアを見つけ、開けてみると、それは、驚くべき「もう1つの世界」への入り口でした。ドアのむこうでコララインを待っていたのは、楽しい世界とコララインの願いを何でも叶えてくれる理想の両親。ただ1つ奇妙なのは、ママもパパも目がボタンなこと。ずっとこの世界にいたいと思うコララインですが、そのためには別のママとある契約をしなくてはいけなくて・・・コララインは慌てて現実の世界へ逃げ帰るが、本物の両親は姿を消してしまっていた…。

なんでもいうことを聞いてくれるパパとママなんでいませんよね。うまい話には裏があるのです。
児童文学作品が原作なので、お話は分かりやすいのですが、ちょっと怖いシーンもあるので、怖がりなお子さんには注意が必要かもしれません。

スポンサーリンク

ハロウィン子供向おすすめ映画まとめ

どの映画も話の内容が分かりやすいものばかりなので、ちょっと怖いシーンもあるかもしれませんが、家族みんなで楽しめます。映画でハロウィン気分を盛り上げてください!

ハロウィンにおすすめの絵本はこちら ハロウィン絵本のおすすめ 読み聞かせに 2歳・3歳から

コメント