お歳暮は義両親に必要?贈る場合の相場と差出人名は?

お歳暮 お歳暮・お中元
スポンサーリンク

今まで両親にお歳暮を贈ってなかった人でも、結婚すると、結婚相手の両親(義両親)に贈った方がいいのかしら?と悩みますよね。特に女性は相手の家に対するマナーやしきたりに関する悩みが多いと思います。そこで今回はだんなさんの実家にお歳暮を贈った方がいいのかどうか調べてみました。

  

スポンサーリンク

お歳暮は義両親に必要?

そもそも、お歳暮は両親に贈るものなのでしょうか?

一番いいのは周りに合わせる事です。夫に兄弟がいる場合や親戚の人たち、その人たちがお歳暮を贈っているのに自分だけが贈っていないと義両親から何を言われるかわかりません(言われなくてもどう思われるか想像すると怖いですよね)。そこでさりげなく周りの人がどうしているのか調べてみるのが一番です。

次に義両親の人柄も重要なポイントです。贈るのが当然のマナーだと思っている方もいれば気を使わなくてもいいよという方もいらっしゃるでしょう。地域性によるところも大きいです。

以上から、義両親にお歳暮を贈った方がいいのかどうか、結論としては、迷ったときは贈っておいたほうがいいということです。贈ってみていらなけらば「いらない」と言ってきてくれるでしょうし、迷ったときは贈ってみて反応を見てみるのが何もしないよりいいと思います。

スポンサーリンク

義両親にお歳暮を贈る場合の相場と品物は?

義両親にお歳暮を贈る場合3000円~5000円のものを贈るのが一番多いようです。ただ、一度始めると毎年続くものですし、金額を下げることもできないので、無理のない範囲で贈りましょう。まだ若い夫婦や新婚さんなどは色々と物入りでしょうし、高額でなくても日ごろの感謝の気持ちを添えて贈れば義両親も喜んでくれるでしょう。余裕が出てきたり、年齢に応じて少しづつ金額を上げていくのもいいと思います。

贈るものは消え物がおすすめです。年末年始に家族で食べられるおいしいお菓子や果物などはいかがでしょうか。お肉や蟹などもおすすめですが、大きな冷凍ものがいきなりドーンと届くと、冷凍庫がいっぱいで入らない~ということもあるので、事前に届く旨を連絡しておくとよいでしょう。

実家が近い場合は手渡しのほうがいいと思います。近いのに宅配にしてしまうと「なんで直接持ってこないんだろう」と思われるかもしれません。

いずれにしても、義両親の好みを事前にリサーチしておくことが大切です。贈ったはいいが、「それあまり好きじゃないのよね~」といったことになると大変です。健康面で何かしら食事制限が必要な場合もあります。塩分、糖分、など食べられないものがないかも調べておきましょう。

スポンサーリンク

義両親にお歳暮を贈る場合の差出人はどうする?

差出人名は夫の名義にするか自分の名義にするか連名にするかの3つのうちのどれかになるかと思うのですが、私は義実家に何か贈るときは夫の名前にしています。嫁から届くものよりも息子からのほうが嬉しいだろうな~と思うのと、まだまだ家父長制の考え方が強い家だと思うからです。

こちらも、義両親の人柄によるものが大きいと思います。義両親があまりそういうことにこだわらない人ならばどちらでもいいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ちなみにうちではお歳暮は贈っていないのですが、年末夫の実家に帰省する際に、仏壇へのお供え物として3000円くらいの菓子折りを持って行っています。

あと、夫の両親についてリサーチする場合ですが、夫に聞いてみても、その答え自体が往々にしてまったく見当違いということが少なからずあります。「だんなに聞いたらいらないって言ったから~」となにも持って行かないと「気の利かない嫁だ」と言われかねません。品物についても義母からしたら、息子からのプレゼントはたとえ好みでなくてもなんでもうれしいと思うのですが、嫁からとなると話は別です。夫の言っていることが信用できるかどうかの見極めも必要です(あくまでうちの場合ですが)

コメント