どんど焼きや左義長とは 燃やしていいものや間に合わない場合は

どんど焼きや左義長 お正月
スポンサーリンク

こんにちは、みいです。

どんどん焼きってご存知ですか?左義長とも呼ばれ、毎年1月14日や15日に神社で行われている火を焚いてしめ縄などを燃やします。そう聞けば「ああ、あれか~」と思う方も多いと思いますが、燃やしていいものや間に合わない場合など決まりはあるのでしょうか。今回はどんど焼きについてまとめてみました。

スポンサーリンク

どんど焼きや左義長とは

どんど焼きとは小正月(1月14日または1月15日)に行われる行事で、お正月飾りのしめ縄や門松、書き初めを持ち寄って燃やします。門松や注連縄で出迎えた歳神様をこれらのお正月飾りを焼くことで炎とともに見送るといった意味があります。

その火で焼いたお餅を食べます。しめ縄飾りを焼いた灰を持ち帰って家に撒くとその1年健康でいられるといわれています。また、書き初めを焼いたときの炎が高くあがると字が上手になると言われています。

どんど焼き、左義長(さぎっちょ)、さいと焼きなど地方によっていろいろな呼び方があります。以下このページでは「どんど焼き」で統一したいと思います。

スポンサーリンク

どんど焼きで燃やしていいもの

どんど焼きで燃やしてもいいもの

どんど焼きで燃やしてもいいものは何でしょうか。

どんど焼きは歳神様をお見送りする行事なので、燃やすものは門松やしめ縄などのお正月飾りと書き初めです。

他にも、破魔矢、おふだ、お札袋、おみくじ、お守りなどを燃やすことが出来ます。お札やお守りはその神社のものしか受け付けてもらえない場合もあるので、神社やお寺に問い合わせてみてください。

お守りやお札や破魔矢は1年たったら神社にお返しするのが良いそうです。古いお守りは悪い気がたまってきて運気が落ちてしまいます。1年間お守りいただいたことに感謝をしてお返ししましょう。

燃やせるものは藁や紙、木など自然のもので出来たものです。ビニールやプラスチック、針金などの金属は燃やせません。飾りに使われているときはその部分は外しておきましょう。

どんど焼きで燃やせないもの

ぬいぐるみや人形は受け付けていない場合が多いです。こちらは人形供養に出すか、お焚き上げをしてもらいます。

年賀状や写真も一般的にはどんど焼きでは燃やしません。しかし、受け付けてくれる神社もごく一部ですがあります。

地域によって考え方が違うもの

だるま、鏡餅、みかんは地域によって燃やす場合と燃やさない場合があります。

達磨は縁起物だから焼いてもいいという地域と目がつぶれるから駄目だという地域があります。
鏡餅やみかんは、残り火でお餅を焼いて食べる風習があるのですが、神社によってはお餅を焼かないところもあります。その場合は焼けません。

どの場合についてもその地域や神社によって違うので、事前に神社に問い合わせてみるのが一番です。

スポンサーリンク

どんど焼きに行けなかった場合や出し忘れた場合

どんど焼きに行けなかった場合や出し忘れた場合、近くでどんど焼きをやっていない場合はどうしたらよいのでしょうか。

神社に持っていく

神社やお寺では年間を通して古いお札をお納めする「古札収め所」が設置されているところもあるので、そこに収めるとまとめてお焚き上げをしてもらえます。

自分で処分する

自分で処分するのはちょっと気が引けるかもしれませんが、塩でお清めをして可燃ごみとして出します。塩を振りかけて大きめの紙や新聞紙に丁寧に包んで他のごみとは別にして出します。

スポンサーリンク

どんど焼きまとめ

どんど焼きは歳神様をお見送りする行事です。今年も1年無病息災をお祈りする意味でもどんど焼きに参加してみるのはいかがでしょうか。燃やしてもいいかどうか迷ったときは神社やお寺に問い合わせてみるのが一番です。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

こちらの記事も読まれています
こちらの記事も読まれています
お正月
みいをフォローする
natural kirei

コメント