秋バテの症状とは?原因と予防方法

健康・美容
スポンサーリンク

9月に入ってだんだんと涼しくなってきたのに、夏バテのような体調不良を感じることがありませんか?それって「秋バテ」かもしれません。

秋バテの症状、原因、対策、予防方法についてまとめました。

スポンサーリンク

秋バテの症状って?

9月に入って暑さも和らいで過ごしやすくなってきたはずなのに、

  • 食欲がない
  • 胸やけや胃もたれがする
  • 体がだるい、疲れやすい
  • 肩こりや頭痛がする
  • なかなか眠れなくて不眠気味
  • 朝なかなか起きれない
  • めまいや立ちくらみがする
  • 頭がぼーっとする
  • やる気が起きない

など、このような状態が続いているときは、秋バテかもしれません。

スポンサーリンク

秋バテの原因

秋バテは、主に体や内臓の冷えと自律神経の乱れが原因だと考えられています。

自律神経とは、自分の意思とは関係なく、体の内と外の刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経のことです。自律神経が乱れると、体に色々と不調が出てしまいます。

冷房による体の冷え

体が冷えて血行やリンパの流れが悪くなると、疲労物質がたまって疲れがやすくなります。

また、冷房のガンガン効いた室内と暑い外との温度差が大きいと、自律神経の乱れの原因となります。5度以上の温度差がある場所を繰り返し行ったり来たりしていると自律神経のバランスが取れなくなってしまうのです。

冷たい食べ物による内臓の冷え

暑いからと言って、冷たい食べ物や飲み物ばかり食べてしまっていませんか?。冷たいものを食べると、内臓が急激に冷えて胃腸の機能も低下してしまい、食欲不振や胃もたれの原因になってしまいます。暑いときに冷たい食べ物はおいしいのですが、食べすぎには注意しましょう。

気候の変化による寒暖差

9月に入ると一日の気温の差が激しくなります。日中は半袖1枚で過ごせても、朝晩は冷え込んてきます。その急激な寒暖差に自律神経が乱れて体調を崩しやすくなってしまいます。

台風や長雨による低気圧

天気が悪いと、気圧が下がり、低気圧の状態になります。低気圧になると、いつもより体にかかる大気の圧力が低くなります。すると、体が膨張することになり、血管やリンパへの圧力も弱まり流れが悪くなると考えられます。

また自律神経も、気圧が低くなったると、普段より酸素が薄い、光が少ないなど変化を感じ取り、副交感神経の方が優位になって、体が休息モードになります。眠くなったりだるくなったりするのはこのためです。

夏に浴びた紫外線による免疫力の低下

ずっと外にいるとすごく疲れたりしませんか?それは紫外線を浴びたことによる免疫力の低下かもしれません。

紫外線を浴びすぎると活性酸素が発生して免疫機能にダメージを与えてしまいます。すると、免疫機能がうまく働かず体の抵抗力が落ちて体調を崩しやすくなってしまうのです。

特に首筋はたくさんの神経が集まっていて、さらに日焼けをしやすいところでもあるので、タオルやスカーフなどで首筋の日焼けを防ぐと免疫力低下防止になります。

スポンサーリンク

夏バテの対策と予防方法

エアコンの設定温度と服装に注意

室内と室外との温度差が激しすぎると自律神経に負担がかかり、乱れが生じてしまいます。また、体が冷えすぎないように設定温度は28度くらいにしておきましょう。

夏と同じような服装をしていると、9月に入るとまだまだ気温は高いと感じますが、だんだんと朝晩は気温が下がってくるので身体を冷やしてしまいます。

生足、サンダルは控えて、カーディガンなどの羽織物を1枚バッグの中に入れておくなどして、体を冷やさない服装にしていきましょう。

お風呂にゆっくりと浸かって冷えた体を温める

夏の間はシャワーだけで過ごしていた人も、38度~40度くらいのぬるめのお風呂にゆっくりと浸かって体を温めましょう。
体全体があたたまり、血行やリンパの流れがよくなります。血の巡りやリンパの流れがよくなると、老廃物も流れ、新陳代謝もアップするので、美肌やダイエットにも効果的ですよ。

暖かい食べ物や飲み物をとる

冷たいものは控えるようにしてあたたかい食べ物を食べるようにしましょう。

胃腸を温めるのには「白湯」がお勧めです。朝起きたら1杯の白湯を飲んでみてください。体の中からポカポカと温まりますよ。

また、ビタミンB1やミネラルを多く含んだ食べ物を摂ると効果的です。豚肉、大豆などの豆類、きのこ、海藻などです。
これらの食材や、体を温める効果のある生姜や根菜類をつかった暖かいスープやなべ物などもお勧めです。

体を温める飲み物はこちら 体を温める飲み物 ノンカフェインでお勧めのもの

軽い運動をする

1日20分~30分くらいの軽い運動をすると、体を活性化させるホルモンが分泌されて秋バテに効果的です。ウォーキングや寝る前のストレッチなどがおすすめです。血行もよくなり、自律神経のバランスも整います。

寝る前におすすめのストレッチ方法はこちら 冷え性改善のストレッチ方法 手足が冷えて眠れない時も

十分な睡眠をとる

秋バテの予防には十分に体を休めることが必要です。

夏の間と同じような薄いパジャマにお布団もかけずに寝てしまったり、朝までクーラーや扇風機をつけっぱなしにしてしまうと、思った以上に体が冷え切って風邪をひいてしまったり体調を崩してしまいがちです。暖かくしてゆっくり休んでくださいね。

スポンサーリンク

秋バテのまとめ

秋バテの予防には冷えた体を温めることと、自律神経を整えることが大切です。冷えと自律神経の乱れは、体の様々な不調の原因となってしまいます。

夏から秋へ、体を冷やす生活習慣から、体を温める生活習慣に変えていきたいですね。

コメント